HOMEホ−カ−ハリケ−ン


 管理人は次回作としてホ−カ−ハリケ−ンの製作にかかっています。この機体は胴体後半部が羽布張りという金属と木製のハイブリッドで古色蒼然たる雰囲気を持った機体です。

機体そのものには複雑な動作をする動翼等は無くオ−ソドックスな機体ですが一つだけもしかしたら第二次大戦中に現れた戦闘機中もっとも複雑怪奇な引き込み脚を装備しています。

一見するとただの内開き式の単純な引き込み脚に見えますがこの引き込み脚は主脚格納時に車輪を機体後方にずらしながら格納するのです。つまり格納された状態では主翼前縁と車輪の間を避けるようになっているのです。

この理由ははっきりしません。主翼前縁部の構造物を避けるためか重心位置補正のためか...。

 R/C機のハリケ−ンではいくつか引き込み脚が発売していますがどれも動作方式が違います。結果的に車輪がホイ−ルハウスに収まった状態は同じですがどの引き込み脚もF4Uコルセアと同じ方式で車輪を回転させています。

管理人は実機の引き込み脚と同じ動作をさせるために市販されている引き込み脚を大胆に改造しました。


 この写真は脚の基幹部です。写真奥が翼端となります。手前のア−ムが主脚を上下させ左のア−ムが主脚を機体後方にずらすア−ムです。


 この写真も脚の基幹部で写真奥が翼端となります。


 主脚を後方へずらすア−ムの基幹部です。


 アクチェ−タ−か?


 引き込み脚の全貌です。



 主脚を上下に格納させるア−ムに細いア−ムが付いています。ロック機構かもしれません。


 ちなみにこれは零戦の引き込み脚です。単純な内開き式なのが分かりますね。

 
 これは管理人製作の引き込み脚を実際にエア−タンクに空気を充填して作動確認しているところです。動作は実機通りで30回ほどの空気ポンプのチャ−ジでスム−ズに4〜5回のアップ、ダウンが可能です。


 右の引き込み脚です。動作原理ですが通常の主脚の上下に加えて平歯車とラックギヤにより引き込み脚ユニットを主脚基部を仮想支点として回転させることで主脚を機体後方にずらしています。